2005年11月15日

まるのみ?

相変わらず噛み噛みごはんのみを与えていますが・・・

口に入れた直後にまるのみしているようですがく〜(落胆した顔)
そして、すぐに「もっとちょーだい黒ハート」と催促。

う〜ん、まるのみ、いいのかなぁ。

今日の一枚(ごはん遠いよ・・・)
aoi1115.jpg

「だって、近くに置くとアオチンひっくり返すでしょ」(by お父さん)
posted by Yata at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 離乳食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

変な顔

不思議なことがあります。

ご飯を食べさせるようになって1ヶ月。

私たちがご飯を食べ始めると、
『はやくちょうだいよ〜』と机をバンバンたたいて
「あ゛〜、が〜、うぅ〜」とアピール。


でも、口に入れた瞬間、

『いや〜、おいしくないよ、これ〜』

というような変な顔。


でも、ちゃんと食べる・・・



なぜ?!
posted by Yata at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 離乳食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

離乳食生活書き始め

そういえば、今まで記録してなかったな、、、と思い、
カテゴリを追加しました。

我が家の離乳食の考えは

・大人の食事を見ていて、欲しそうにする、よだれがでてくる、
 そうなるまであげない

というのが大前提にありました。

保健センターなどの離乳食の進め方にある、
4ヶ月くらいで麦茶やジュースをスプーンで与えてスプーンに慣れさせる、や
5ヶ月くらいで10倍粥を1さじから与え始める
などのいわゆる『離乳食マニュアル』は一切無視しています。
(なんの食材をいつごろから与えていい、という情報は見ていますが)

離乳食に関する本を出産祝いにもらって、まじまじと読んでみると
「・・・めんどくさい」が率直な感想でして。

昔の人って、こんなことしてなかったと思うんですよね。
なので、葵が欲しがるようになったら『噛み噛みごはん』から
あげてみようかな、と思っているわけです。

そう思っているうちに、大人がご飯を食べるときに決まって泣くようになり、
そばに連れてくると、よだれをだらだらたらしながら
何もはいっていない口をもぐもぐと動かすようになったので、
10月上旬ごろから、ひとくちずつあげるようになりました。

最初は上手に飲み込めないので、よだれと一緒にほとんどが
口の外に出てきていましたが、最近はちゃんと飲み込めるようになり、
食べる量も増えてきました。
ただし、スプーンであげているわけではないので
どのくらい食べたかは把握していません。


今後離乳食関連の話はカテゴリ「離乳食生活」でお届けします〜!
posted by Yata at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 離乳食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
懸賞・小遣い ちょびリッチ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。